適性検査は脱。感覚人事を実現するワンストップサービス

感覚人事を脱却し、強い組織づくりを実現します

人材で失敗しないための適性検査

適性

適性検査は脱。感覚人事を実現するワンストップサービス

人事

感覚人事を脱却し、強い組織づくりを実現します

人材

人材で失敗しないための適性検査

Web-High Up適性診断テスト

適性検査は統計学・心理学などの発達により年々精度が高くなっており、的確に性格、能力、適性が検査から読み取れるようになっています。主観や認知バイアスが入りやすく、面接官によって判断にぶれが生じがちな面接よりも、適性検査のほうが人物を高い精度で評価できるという研究結果も多くあります。

icon20

信頼できるデータベース

KEC教育グループは、創業以来47年の歴史のある会社で、教育グループとしてノウハウを構築してまいりました。KEC教育グループの適性診断は、臨床心理士により、最新の臨床心理学に基づいてチェックしております。

icon21

目的に応じて選べて、わかりやすい

性格・思考・EQ・コンピテンシー・作業効率・標準知能指数・ストレス耐性・
学力等の目的に応じて選択が可能です。企業説明会や面接の待ち時間でも回答可能で、診断結果表も一目でそれぞれの特性が判断できて、わかりやすいです。

icon19

信頼のHigh Up適性診断テストをWEBで実現

たくさんのお客様からのご要望があり、ペーパー方式のHigh Up適性診断をWEB化いたしました!ひとつずつ検証を行い、できる限り、現在お使いのペーパー方式のHigh UP適性診断と同じ仕様で構成しております。

こんなことでお困りではございませんか?

——–
■入社してもすぐに辞めてしまう
■社員がストレスに弱くて困っている
■教育しても、経験させても全然成長しない
——–

人材採用で失敗しないために、KEC適性診断は、“脱”感覚人事を実現します。その採用判断は、誤っているかもしれません。
ほんのわずかな費用で、人材採用の失敗を回避できるかもしれません。適性診断は、統計学・心理学などの発達により年々精度が高くなっており、的確に性格、能力、適性が検査から読み取れるようになっています。主観や認知バイアスが入りやすく、面接官によって判断にぶれが生じがちな面接よりも、適性診断のほうが人物を高い精度で評価できるという研究結果も多くあります。

・人物理解のパターンをフレーム化できる
・人物評価の客観性を担保できる
・人物評価の視点を多角化・標準化できる
・人事データの収集・管理を効率化できる
・組織や応募者の資質的傾向を分析できる
・判定における公平感・納得感を確保できる
・選考における人事担当者の負荷を軽減できる

適性検査を活用することで、選考時に挙げられることの多い以下のような課題を解消することが可能となります。

・時間や人的リソースの確保が難しい
・選考基準が統一されていない
・面接官によって評価が異なる
・面接だけで人材の資質を見極めるのが困難
・合否判定の納得感を担保しにくい

適性検査では、職務遂行に必要な知的能力や専門性、性格や指向、価値観などの項目を測定できますが、定量化が可能なのは理論や概念の上で尺度として表せる要素に限られます。

また、適性検査には裏付けとなる理論やデータが用いられていますが、個々の人物における絶対的な尺度ではないという点に注意が必要です。
あくまでも選考の精度・スピードを上げる一手段であることを理解し、面接などと並行して評価することが望ましいといえます。

人材で失敗しないための適性検査

資料のダウンロードはこちらから

人材採用で失敗する理由

採用の失敗理由ははっきりしています。採用した中途採用人材が「不適性」だったからです。あなたの職場の風土か人間関係か?それとも仕事内容か?あるいはそもそも能力不足か?
何かの理由であなたの会社や仕事や環境に不適性だったのです。人には面接だけでは見極めきれない内面や特性が存在しています。人の内面や個性が、仕事や会社とあまりにアンマッチだったときに、採用が失敗となってしまうのです。人材採用の面接や選考の過程で、問題となる内面や特性を事前に発見することが人材採用の失敗を減らす近道になるはずです。

当社に入社して働いてもらうからには「永く働いて欲しい」「やりがいをもって仕事をしてもらいたい」「成長して欲しい」「いい仕事をして欲しい」、何より「当社の価値観や社風に共感して欲しい」。だけど「思うように人材が定着しない」「成長しない、頑張ってくれない」「採用する人材をどこかで間違ったのではないか?」「人材採用で、もう失敗したくない」。もしそうお考えなら、適性検査を是非ご活用ください。
現実的な問題として中小企業や零細企業の採用では、給料が特別良いわけではなく、知名度が高いわけでもありません。誰もが是非ともやりたいと思うような仕事を提示しているわけでもありません。そもそも人材募集にお金をかけているわけでもありません。

当然ながら応募人数そのものが少なくて選べるような環境とは言えません。それでも人は採用しなければなりません。

しかも実際に人材募集をする時は、たった一人の求人枠だったりします。少ない応募者とたった一人の求人枠。優秀な人材を採用したいとか贅沢を言うつもりは無いけれど、失敗したくはない。だから採用は慎重にしたい。自分の見る目に自信がないわけではないけれど、もう少し何か裏づけが欲しい。

KEC教育グループの適性検査は、そんな経営者や人事担当者のお悩みを解決するための適性検査です。採用の失敗を強力に減らすお手伝いをします。
人には「職業適性」があります。例えば、販売職で未経験の人材を採用しても、適性がとても合っていれば、入社して間もないうちからバンバン売上をあげる人がいます。
しかし、適性がまったく合わないと販売職に就いてから何年も経つのに、一向に販売成績が向上しない人もいます。ゆえに仕事の数だけ向き不向きが存在していて、仕事毎に優秀な人材のタイプが存在していると言えます。

さらに、社風・組織風土や人間関係の影響等、おかれた環境で人材のパフォーマンスは大きく違ってきます。
上司が辞めた途端に部下がメキメキ頭角を現したり、あなたの会社で活躍できなかった人材が、他社に転職してイキイキと働き活躍したりすることも少なくありません。
もちろん、その逆もあります。他社で活躍していた人材が、あなたの会社に入社してきてイマイチ実力を発揮できず成果を出せないでいることもあるはずです。いずれにしても、単純に人材の優劣を決めることは出来ないという結論に至っています。

採用内定前の裏付けデータとして
書類選考やエントリーシート、そして面接など採用選考を一通り終えた後の、採用内定前の人物評価の裏付けデータとしてお使い頂いているケースがあります。
求人応募者から選考を重ね最終候補者を数人に絞り込んだ際に、内定採否の補助ツールとしてお使い頂いています。
当社の適性検査は、豊富な種類から目的に合った適性検査を選ぶことが可能です。

他社適性検査の補完ツールとして
総合適性検査SPI3(リクルート社)の人物評価の補完ツールや、コンピテンシーテスト(日本SHL社等)を補完する性格検査としてお使い頂いているケースもあります。
長年、リクルート社のSPIやSHL社のコンピテンシーをお使いの会社で、これまでのデータの継続性や一貫性の観点から継続利用が不可欠な場合、適性検査で不足している項目を補うためにKEC教育グループの目的別に選べる適性検査をご利用頂くお客様が増えています。

適性検査とは?

適性検査とは、「企業や仕事に対する適性を見極める検査」であり、応募者の性質や能力などを知るために実施する筆記試験のひとつです。履歴書や短い面接時間だけでは見えにくい部分も感知でき、合否の判断材料になります。

企業によって適性検査を行う目的は様々であり、適性検査の種類によって得られるデータも異なりますが、一般的に次のような情報によって、自社と応募者の相性を見極めることができます。

料金一覧表

経営者の約7割が、自分の面接の精度は平均以上だと回答。しかし、9割の経営者がその精度を確認したことがない。WEB-High Up適性診断テストは、経営者の第3の眼として、未来を予測する.縦え ば、ボールがどのような軌跡を描くのか、車がどれくらいで止まるのか、自分の体がどのように動くのかなど、これまで何度も経験したことが頭の中に蓄えられて、それによって自分の運動の結果を 予測できるようになり、先回った運動ができるようになるのです。適性検査もデーターベース化することによって、その会社独自のコピンテンシーを図ることが可能です。 理由ははっきりしています。採用した人材は見誤ったからです。あなたの職場の風土か人間関係か?それとも仕事内容か?あるいはそもそも能力不足か?何かの理由であなたの会社や仕事に不適性 だったのです。 人には面接だけでは見極めきれない内面や特性が存在しています。人の内面や個性が仕事や会社とあまりにアンマッチだったときに、採用が失敗となってしまうのです。人材採用の面 接や選考の過程で、問題となる内面や特性を事前に発見することが人材採用の失敗を減らす近道になるはずです。適性診断テストを活用ください。

適性検査の種類

適性検査は大きく、「能力の検査」と「性格の検査」の2種類に分けられます。ここでは、各検査について詳しく解説します。

能力の検査
能力の検査とは、知的能力を測定するための検査です。たとえば、論理的思考や情報処理能力、空間知覚能力、記憶力などを測ります。その他にも、言語能力や数理能力などといった基礎的な学力を測る項目もあります。業務を効率よくこなせるかどうかを測る検査となるため、即戦力が求められる中途採用でも使われることがあります。
KECの代表的な適性検査は、SEARCH-IP(業務適正テスト)、TPS(総合プロフィール分析テスト)、B・I・C(総合職務能力判定テスト)

性格の検査
性格検査とは、価値観や考え方、人間性などを測る検査です。人はそれぞれ性格が異なります。個人の性格や行動傾向、対人関係や意欲、仕事の進め方などを測ることで、特定の業種や職種に対する適性を診断、分類できます。性格検査の結果は、面接や採用の合否判定、配属や育成の仕方など幅広く利用されます。
KECの代表的な適性検査は、INSPECT-CT(性格テスト)、TA(思考分析)

その他学力も加味して測れるのが、DATUM-IP(U)、DATUM-IP(H)のシリーズです。
また、レジリエンスをはかることができるのが、STです。ニーズに合わせて、選択できるのが
KEC High Upシリーズの最大のメリットです。

補足資料









採用時における適性検査のメリット

メリット①:学生の定量的な評価が可能
適性検査を学生に一律に科すことで、面接だけではわからない「基礎的な社会人としての教養・知識力・特性」を平等な基準で測り、比較・確認することが可能です。 面接やグループワークなどの選考は、どうしても選考する社員の感じ方に依る傾向があり、評価が人によってバラついてしまうことがあります。 そこで、学生に適性検査を受検してもらうことで、より比較しやすい基準を設けることができます。

メリット②:選考の人的・時間的コストの削減が可能
適性検査がネガティブチェックの機能を担うことで、選考の効率化を図ることができます。 面接の実施には社員のスケジュール調整など、準備・実施にかかるコストが大きいのに対し、適性検査ではそのようなコストがかかりません。

メリット③:入社後の効果的な育成につながる
適性検査を用いることで、能力だけでなく指向性タイプも可視化することができます。 これを入社後に活動することで、各新入社員のタイプにあった育成方法を選択することができます。

適性検査とは、新卒採用や中途採用の際に、人材を見極めるために用いられる検査です。昨今、自社が求める人材を確保するため、適性検査を用いる企業が増えてきています。適性検査の基本的な知識から適性検査を使う目的、導入する際の注意点やサービスの選び方について解説していきます。ぜひ、適性検査について理解を深め、自社で活躍できる人材の発掘に役立ててみてください。WEB-High Up適性診断テストは未来を予測する.縦えば、ボールがどのような軌跡を描くのか、車がどれくらいで止まるのか、自分の体がどのように動くのかなど、これまで何度も経験したことが頭の 中に蓄えられて、それによって自分の運動の結果を予測できるようになり、先回った運動ができるようになるのです。適性検査もデーターベース化することによって、その会社独自のコピンテンシー を図ることが可能です。